賃貸マンションでの騒音トラブル

様々な音がトラブル要因になる

騒音トラブルというと楽器や、ステレオ機器から流れる音あたりがイメージされます。しかし、広い物件ではなくワンルームなどの狭い物件に住む場合は、実際には様々な音がトラブルの要因になります。具体的にはまず前述通り楽器の音やステレオ機器の音はトラブルの元になりますので、楽器不可物件の場合は必ずイヤホンをする必要がありますし、流す音楽も出来る限り小さくしなければなりません。そして、人の話し声というのも実は相当困ったもので、女性の声というのは基本的には響かないものの、声の低い男性の声というのは、ワンルームだと相当響きます。その不快感は、隣の部屋の人にとっては耐え難いストレスとなりますので、男性で声が低いかたは特に深夜帯の話し声には気を付ける必要があります。

トラブル防止のための色々な対策方法

物件のグレードによって壁の遮音性はだいぶ違います。そのため、特にワンルームに住むにあたっての内見の際は、壁を軽く叩いてみて響き具合を確かめてみて、あまりにも壁が薄そうだったらその時点でその部屋をやめておく方がベターです。しかし、色々探しても基本的にはワンルーム物件はどれも壁は薄い傾向なので、自分の部屋の音が響かないため&隣の音のうるささから逃れるためには室内を加工する必要があります。具体的には「防音(遮音)パネル」というものが通販などですぐ買えますので、口コミをよくチェックして本当に購入者の評価が高いものがあったら、そういったものを購入するのがおすすめです。ただしパネルの効果も完璧とはいえないので、隣人と会う機会があったら防音パネルを壁にたてかけているので音楽の音や話し声で迷惑をかけていないか、を直接聞いてみる必要もあります。